エコツールのコラム集
COLUMN
2020.02.28

【どれがいいの?】インパクトドライバー人気ランキング!

インパクトドライバーとは?

工事から一般家庭のDIYまで、多くのシーンで使われるインパクトドライバーは、とても便利な工具です。

しかしその種類は非常に豊富ですから、ホームセンターでも、ネット通販でも、カタログでも、どれを選んでいいのかわからなくなってしまいますよね。

何も理解しないまま購入してしまうと、思ったものとは違うものを買ってしまい、大損してしまう事もあります。

そこで今回は、そんなインパクトドライバーの失敗しない選び方を紹介していこうと思います。

インパクトドライバーは最も身近な電動工具

インパクトドライバーはプロの方から、一般家庭のDIYの際にまで、沢山の方に使用されている道具です。

インパクトドライバーは日常の中でも使用頻度が高い

インパクトドライバーは、最近のDIYの普及によって、工事業者、大工さん以外の一般家庭でも必要とされるようになりました。よくある組み立て式の家具の普及も、インパクトドライバーの需要を増やす要因となっています。家具を作るには、インパクトドライバーのような便利な道具が必要となりますからね。

 

プロの方は必需品

一方で工事業者、建築業、建設業、内装業、電気関係など幅広い業種の方々にとっては、インパクトドライバーは必需品です。これがないと円滑に作業を進める事は出来ません。インパクトドライバーはこれら業者の頼もしいパートナーなのです。

そもそもインパクトドライバーとは?

ここまでインパクトドライバーについてお話してきましたが、そういえばインパクトドライバーがそもそもどういうものなのか、説明していませんでしたね。

インパクトドライバーとは、回転式のモーターと小さなハンマーが内蔵されている機械で、このハンマーで強い衝撃を叩き入れる事によって、ねじ等を思い切り締める事が出来ます。

「キュイイイイン、ズガンッ」というインパクトドライバーやインパクトレンチなどを稼働させた際に出る「ズガンッ」は、このハンマーが思い切り叩いて回転を加えている事によるものなのです。

そのパワー故に、分厚い木材にねじを打ち込み、締める時に大いに役立ってくれます。が、薄い材質だとかにねじを打ち込む場合になると、今度はパワーが過度になってしまい、材料を壊してしまう場合もありますので、注意が必要です。

インパクトドライバーの種類と選び方

そんなDIYの頼もしきお供であるインパクトドライバーには、かなりたくさんの種類があります。

まずは、どのような使い方をするつもりであるのかを確認しましょう。それによって選び方も変わってきますし、買うべきインパクトドライバーの種類も大きく変わってきます。

今から、インパクトドライバーの種類について説明していきましょう。

インパクトドライバーにはどんな種類があるの?

インパクトドライバーと一口に言っても、それなりに種類があります。

そもそもインパクトドライバーをどのような場面で使いたいのかが重要でして、その用途によって、買うべきインパクトドライバーとその種類が変わります。

狭いところには充電式コードレスタイプ

狭いところに持って行って作業する、もしくは屋外等の電源コードを引っ張って来れないような場所で使いたいならば、充電式コードレスタイプのインパクトドライバーを使いましょう。

コードがないので、持ち運びにも便利ですし、充電しておけばどこでも、どんな用途にも使う事が出来ます。

ただしバッテリーによる駆動なので、トルク(ねじを締め付ける力)が弱くなりやすい傾向にあります。力強いインパクトドライバーが必要な場面では力不足になりやすいので、注意しましょう。

もっと狭いところにはペン型タイプ

コードレスタイプも入らないような非常に狭い空間で使用するならば、ヘッド(インパクトドライバーの一番上の部分)が曲がる、もしくはボディ全体が曲がってくれる可動式になっているペン型タイプのインパクトドライバーを選びましょう。

可動させて真っ直ぐにすれば、それこそ普通のドライバーのように使用する事も出来、家具と壁の間などの非常に狭い空間に差し込む必要がある場合に対応できます。普通のドライバーのように使えるのは、他のインパクトドライバーでは出来ない事ですね。

ただし、ペン型タイプはその小ささ故にパワー不足に陥りやすいので、狭いところにあるねじをある程度強く締めてくれるものと覚えましょう。

パワーが欲しいならコード式パワータイプ

充電バッテリー式、ペン型式だとパワー不足ならば、やはりコード式インパクトドライバーが必要になりますね。

コードが付いているので少し邪魔くさく感じられるかもしれませんが、コンセントから直接給電するので、トルクが強く、硬い材質へのねじ締めを容易にしてくれます。

木材は勿論、木材以上に硬い材質の素材へねじを打ち込み、締める必要があるのであれば、コード式インパクトドライバー一択です。

長時間使用するならば軽量タイプ

コード式にしろ、充電式にしろ、インパクトドライバーは結構大掛かりな機構が詰め込まれた機械ですので、普通のドライバーやその他の工具などと比べると、かなり重い方に入ります。重いものを支えつつ、尚且つ強い力を抑え込みつつ、ねじを回したりするのはかなりの負担になりますよね。

そんな負担を減らしつつ、作業やDIYに打ち込みたい時は、軽量型のインパクトドライバーを使うのがおすすめです。

軽量型インパクトドライバーは、一見するとその他のインパクトドライバーとそんなに変わりがないように見えますが、持ってみるととても軽いとわかります。

ネット通販のカタログでも、軽量と書かれている場合もありますし、重さが書いてあるものもありますので、軽いインパクトドライバーが欲しい場合は、そこをチェックするようにして見ましょう。

インパクトドライバーの人気メーカーは?

インパクトドライバーを取り扱っているメーカーは沢山あります。

しかしその中で最も人気が高いのは

  1. マキタ
  2. 日立
  3. リョービ
  4. ボッシュ
  5. パナソニック

の5つです。

何故この5つが良いのか、その順位はどうなのか等を見ていきましょう。

インパクトドライバー人気メーカーランキング

インパクトドライバー、インパクトレンチ等の電動工具は、沢山のメーカーが取り扱っています。

その中でも、比較的人気のあるメーカーを知り、そのメーカーから出ている商品を購入する事で、利用時に失敗する事も減るでしょう。

今回は、そんな数あるメーカーの中でも、特に人気のある人気ブランドを紹介します。

1位 マキタ

『マキタ インパクト』と言われるくらいの人気を持っているメーカーはマキタ。

インパクトドライバー、インパクトレンチ、エンジン付き電動ノコギリ、掃除機から屋外用ライトなど、電動工具を幅広く取り扱っているのが特徴であり、そのラインナップは日本で一番と言われるくらい。

様々な用途に合わせて電動工具を選び、買う事が出来るうえ、そのどれもが高性能な事から、業界トップの人気を誇っています。

日本の企業なだけにアフターサポートもしっかりしているので、もし初期不良などがあっても安心して連絡できるのも特徴ですね。

そんな安心性能と初期対応の良さから、あらゆる企業から支持されており、最早マキタの製品が建築作業の最前線にいると言ってしまっても過言ではありません。

2位 日立

インパクトドライバーを買う際に注目しておきたいメーカー第2位は日立。

現在ではハイコーキ(HiKOKI)と名前を変えているこのメーカーですが、やはり日本企業なだけあって、商品の性能は勿論、安全性や耐久性に事欠きません。

ラインナップも豊富であり、商品選びの時に物がなくて困る事もありませんよ。

そのラインナップの豊富さ、扱っている商品の良さから、建築企業などからも高い支持を得ています。

3位 リョービ

第3位は『RYOBI電動工具』。2018年に京セラの子会社となったため、箱や商品には京セラのロゴが入っていますが、RYOBI電動工具から出ているのには変わりありません。

RYOBI電動工具のインパクトドライバー、というよりその電動工具の国内シェア率は3位。多くの企業や建築業者の間で使用されています。

そんなリョービのインパクトドライバー等の電動工具は、プロ用、DIY用、エントリー用と3つの種類に分かれており、企業や業者が利用する場合はプロ用、一般家庭のDIYに使用する場合はDIY用と、使われる場面に合わせて商品をラインナップしてくれています。

これのおかげで、DIY用に買いたかったのに業務用を買ってしまったなどの、よくあるトラブルを避ける事が出来ます。

4位 ボッシュ

使用者の安全第一を念頭に置いて電動工具を作っているボッシュは、ドイツの企業です。つまり他のメーカーと違って、ボッシュの物は輸入品なんですね。

しかし海外製品でも、使用者の安全第一のとおり、国内産電動工具と同じような安全性で使う事が出来ます。ボッシュで取り扱われているインパクトドライバーにライトが装着されているのも、その一環です。

海外製品だと安全性や壊れやすさ、初期不良が目立つ事がありますが、ボッシュの電動工具はそれをクリアしているので、安心して使えるというのが、最大の特徴であり、ボッシュのメリットですね。

5位 パナソニック

最後はパナソニック。電化製品企業として有名というレベルを通り越しているパナソニックからも、インパクトドライバーやドリル等の電動工具は販売されています。

パナソニックは電池や充電器などの取り扱いを得意としている企業ですので、そのインパクトドライバーは充電コードレス式が多く、その全てが他の製品と比べて長時間稼働可能等、充電器や電池の取り扱いに本腰を入れている企業ならではの特徴があります。

そして何より日本企業なので、扱われている商品の安全性や耐久性も安心です。

コードレスバッテリー式のインパクトドライバーを探したいのであれば、パナソニックのものを探してみるといいかもしれませんよ。

インパクトドライバー初心者向け人気ランキング

ここまでインパクトドライバーの特徴や、取り扱っている企業などを紹介してきましたが、結局どれを買うべきなのか、わからないという方も多いでしょう。

ここからは、どれを買ったらいいか分からない方へ、比較的初心者向けで、需要のある人気機種を紹介していきましょう。

1位 マキタTD111DSHX

初心者向け第1位は、『TD111DSHX』。コードレス型インパクトドライバーでありながら、そのパワーはコード式に劣っていません。

しかも本体自体がとても軽いので、長時間の使用も負担になりにくいのも特徴です。

軽くてパワーもあって、コードレスなのでどこにでも使える。

全体的な取り回しの良さから、高い人気を誇っています。

品番

TD111DSMX/B

定価

¥25,000(税別)

ネジ締め能力(mm)

コーススレッド

22~90mm

ネジ締め能力(mm)

高力ボルト

M5~M12

回転数(min⁻¹)

[回転/分]

強モード:0~3000

弱モード:0~1300

打撃数(min⁻¹)

[回/分]

強モード:0~3900

弱モード:0~1600

全長(mm)

135

質量(kg)

(バッテリ含む)

1.1

標準付属品

(+)ビット(2-65)、フック

2位 マキタMTD001DSX

第2位もまたマキタから出ている、『マキタMTD001DSX』。

小型で軽量でありながら、そのパワーは他の充電式、コード式インパクトドライバーに引けを取りません。35分間の充電で、約130本ものねじを打ち込む、締める事が可能なバッテリー容量を持っているのも特徴的ですが、比較的安価なのもまた特徴でしょう。

品番

MTD001DSX

定価

¥39,300(税別)

ネジ締め能力(mm)

コーススレッド

22~125

ネジ締め能力(mm)

高力ボルト

M5~M12

回転数(min⁻¹)

[回転/分]

0~2700

打撃数(min⁻¹)

[回/分]

0~3000

全長(mm)

143

質量(kg)

(バッテリ含む)

1.2

標準付属品

バッテリBL1415G×2本

充電器DC18SG

ケース

3位 リョービBID-1260

3位はリョービから出ている『BID-1260』。

パワー自体は他のインパクトドライバーよりも多少低め、同程度といったところですけれども、何といっても価格の安さが目に引きます。

普通のインパクトドライバーは2万円を超える値段をしているのが基本なのですけれども、この『BID-1260』は16,600円と、2万円を下回っています。

インパクトドライバーは欲しいけれども、2万円を超えてほしくない、そんなに予算に余裕がない場合は、この『BID-1260』の購入を検討してみましょう。

ねじ締め力も高速と低速があるので、高速にする事でパワーを出す事も出来ます。2万円以下ですけれども、2万円以下とは思えない性能の良さを見せつけてくれるのが、このインパクトドライバーの特徴ですね。

品番

BID-1260

価格

16,600円(税別)

最大締付トルク

(高速)130N・m

(低速) 75N・m

ネジ締め能力(mm)

高力ボルト

M5~M10

回転数(min⁻¹)[回転/分]

(高速) 0~2,200

(低速) 0~1,600

打撃数(min⁻¹)[回/分]

(高速) 0~3,000

(低速) 0~2,500

全長(mm)

183

質量(kg)

(バッテリ含む)

1.6

標準付属品

+ドライバビット(No.2×65mm)

キャリングケース

電池パック B-1203M1(2個)

充電器 BC-1205

4位 日立FWH14DGL 2LEGK

4位は日立から出ている『FWH14DGL(2LEGK)』です。

このインパクトドライバーの特徴もまた、3位と同じコストパフォーマンスの良さですね。下記の性能表を見てもらえばわかるかと思いますが、最大締付トルク、高力ボルトのねじ締め力が第1位の『TD111DSHX』とほとんど差がありません。

つまり『TD111DSHX』と同じような感覚で使う事が出来るというわけなのですが、なのにそのお値段は24,300円と、『TD111DSHX』を遥かに下回っているのです。

弱モードと強モードといったモード変更がないのが欠点ではありますが、その他のインパクトドライバーと並ぶパワーを持っているうえに安いので、手に取りやすいでしょう。

強いパワーを持つインパクトドライバーが欲しいけれども、そこまで値の張るものは欲しくないという方におすすめです。

品番

FWH14DGL(2LEGK)

価格

¥24,300

最大締付トルク

140N・m

ネジ締め能力(mm)

高力ボルト

M6~M12

回転数(min⁻¹)[回転/分]

0~2,600

打撃数(min⁻¹)[回/分]

0~3,200

全長(mm)

(BSL1415S装着時)

166×221

質量(kg)

(バッテリ,BSL1415S装着時)

1.3

標準付属品

充電器

予備電池

No.2プラスビット

ケース

電池カバー2個

5位 マキタTD090DWSPW

5位は、マキタから出ている『TD090DWXW』。

このインパクトドライバーの特徴は、他のインパクトドライバーと比べてコンパクトで、とても軽いというところにあります。

これまで紹介してきたインパクトドライバーは全て重さが1kgを超えていましたけれども、この『TD090DWXW』に至っては0.92kgと、1kgを超えていません。

なので、他のインパクトドライバーと比べると、軽々と使う事ができ、長時間使用も苦になりません。

パワーは低めになっていますけれども、余程強くねじを締めなければならないわけでもなければ、十分に活躍してくれます。

DIYを始めたい、軽いインパクトドライバーを選びたいとお考えならば、こちらを手に取ってみましょう。

品番

TD090DWXW

価格

27,000円(税別)

最大締付トルク

90N・m

ネジ締め能力(mm)

高力ボルト

M5~M10

回転数

(min-1)

[回転/分]

0~2,400

打撃数

(min-1)

[回/分]

0~3,000

全長(mm)

155

質量(kg)

(バッテリ含む)

0.92

標準付属品

プラスビット2-65

ホルスタ

インパクトドライバープロ向け人気ランキング

ここまで、初心者の方が使うにおすすめのインパクトドライバーを紹介してきましたが、では、大工さんなどのプロの方が使われるインパクトドライバーはどうなるのでしょうか。

大工さんや職人さんが使う場合となりますと、最新機種、トルク、バッテリー、パワーなどが非常に重要になります。特にトルクやパワーがないと、建築や工業などに使う事は出来ませんからね。

そこで、最新機種、人気機種から抜粋し、紹介していきましょう。

1位 マキタTD171DRGX

1位として紹介するのは、マキタの『TD171DRGX』。

打撃モードが最速~弱まであり、しかも木材用、ボルト用と、細かく使い分ける事が出来るようになっており、あらゆる場面での活躍が期待出来ます。

最大締付トルクも180N・mと申し分ありませんうえ、上記の打撃モード変更によって、様々な場面に適応でき、打ち込みとねじ締めの万能電動工具として活躍してくれます。

お値段は68,100円と、如何にもプロ向けと言ったところですけれども、それに見合うだけの性能がこの『TD171DRGX』にはあります。

品番

TD171DRGX

定価

68,100円(税別)

最大締付け

トルク(N·m)

180

締付け能力(mm)

小ネジ

M4~M8

普通ボルト

M5~M16

高力ボルト

M5~M14

コーススレッド

22~125

打撃モード回転数(min-1)[回転/分]

打撃数(min-1)[回/分]

最速

0~3,600

0~3,800

0~3,200

0~3,600

0~2,100

0~2,600

0~1,100

0~1,100

木材

0~1,800

0~3,800

ボルト(正転時)

0~3,600

0~3,800

テクス用(薄板)

0~2,900

打撃開始直後に停止

テクス用(厚板)

0~3,600

0~2,600

全長

(mm)

116

質量(kg)

(バッテリ含む)

1.5

標準付属品

プラスビット2-65

フック

2位 マキタTD001GRDX

第2位は第1位と同じマキタから出ている『TD001GRDX』。

このインパクトドライバーの出力は40vであり、その最大締付トルクはなんと220N.m。他と比べて非常に強い力を出す事が出来るので、とても硬い材質にねじを打ち込むのも容易です。

打撃モードも複数あるので、出力を調整しつつ、ねじを打ち込んだり、締めたりできます。パワーが高い故の臨機応変さこそが、この『TD001GRDX』の最大の特徴です。

しかし、その分お値段も良くて、71,000円と、まさにプロ向けとなっています。

その分の性能はありますので、予算に余裕を持ち、手に取りましょう。

品番

TD001GRDX

定価

71,000円(税別)

最大締付け

トルク(N·m)

220

締付け能力(mm)

小ネジ

M4~M8

普通ボルト

M5~M16

高力ボルト

M5~M14

コーススレッド

22~125

打撃モード

回転数(min-1)[回転/分]

打撃数(min-1)[回/分]

4[最速]

0~3,700

0~4,400

3[強]

0~3,200

0~3,600

2[中]

0~2,100

0~2,600

1[弱]

0~1,100

0~1,100

木材

0~1,800

0~4,400

テクス用

(薄板)

0~2,400

打撃開始直後に停止

テクス用

(厚板)

0~3,700

0~2,600

ボルトモード

[1]

0~2,500

打撃開始直後に停止

ボルトモード

[2]

0~3,700

0~4,400

ボルトモード

[3]

0~3,700

0~4,400

本機寸法(mm)

(長さ×幅×高さ)

120×86×245

質量(kg)

(バッテリ含む)

1.6

[BL4025装着時]

標準付属品

プラス

ビット2-65

・フック

3位 日立WH36DA (2XP)

第3位は日立の『WH36DA (2XP)』。

信頼と安心の日立から出ているというのもあって、名前を見ただけで安心できそうなこのインパクトドライバーは、36vという出力を持っており、プロの方でも満足できるトルクを出す事が出来ます。

それで置きながらコードレスバッテリー式なので、配線などを気にせずに使う事が出来、他のパワータイプインパクトドライバーと比べて非常に取り回しが良いです。

ハイパワーを発揮できるうえに、コードレスバッテリー式で、どこでも使う事が出来るというのは、まさにプロユースの新常識。

パワーも欲しくて使いまわしの良さも欲しいという方は、こちらの購入を検討してみましょう。手に取った時、コードレス式の常識が覆るかもしれませんよ。

品番

WH36DA (2XP)

定価

70,600円(税別)

締付け能力(mm)

小ねじ

4~8

普通ボルト

M5~M16

高力ボルト

M5~M14

テクスねじ

Ø3.5~Ø6

最大締付トルク

180N・m(1,837kgf・cm)

打撃モード

回転数(min-1)[回転/分]

打撃数(min-1)[回/分]

ソフトモード

0~900

0~2,000

ノーマルモード

0~2,900

0~4,100

パワーモード

テクスモード

0~2,900

0~2,200

機体寸法(全長×高さ×センタハイト)

127×237×29mm(BSL36A18装着時)

質量

1.6kg(BSL36A18装着時)

4位 マキタTD111DSHX

第4位は、初心者向けランキングの1位を飾ってもいた『TD111DSHX』が再びランクイン。

この製品は初心者にもおすすめと言いましたが、実はプロの方でも問題なく使用できるだけの性能があります。

まず初心者の方に向けてのものなので、お値段が32,500円と破格と言わんばかりの安さで、それでありながらパワーはプロでも十分に通じるもの。

打撃モード変更は強弱しかありませんが、そんなに細かい指定が必要のない部品、ねじ締め作業ならば、難なくこなす事が出来ます。

初心者からプロの方まで使う事の出来る万能インパクトドライバーこそ、この『TD111DSHX』なのです。

他と比べて圧倒的に軽いというのも魅力でしょう。長時間使い続けても苦にならないというのは、初心者の方や一般家庭だけではなく、プロの方にとっても嬉しい点です。

品番

TD111DSHX

定価

32,500円(税別)

最大締付け

トルク

(N・m)

135

締付け能力(mm)

小ネジ

M4~M8

普通

ボルト

M5~M14

高力

ボルト

M5~M12

コース

スレッド

22~90

回転数

(min-1)

[回転/分]

打撃数

(min-1)

[回/分]

0~3,000

0~3,900

0~1,300

0~1,600

機体寸法(mm)

(長さ×幅×高さ)

135×66×229

(BL1040B)

135×66×210

(BL1015)

質量(kg)

(バッテリ含む)

1.1(BL1040B)

0.97(BL1015)

標準付属品

プラスビット2-65

フック

5位 ボッシュGDX18V-EC6

第5位は、ボッシュから発売されている『GDX18V-EC6』がランクインしました。

先端部付近にライトが装着されており、暗い所での作業も危険なくこなすことが出来る特徴がありますが、一番は何と言っても先端部を取り換え可能であるというところでしょう。

先端部をドライバータイプからレンチタイプへ換装する事によって、インパクトドライバーでありながら、インパクトレンチとして使う事も出来ます。

インパクトレンチが必要になる場面と言えば、DIYや建築作業などよりも、車のタイヤ交換など。なので、DIYや建築作業もやっていて、タイヤ交換の必要な車を持っている方は、この製品を選ぶ事で、作業も車のタイヤ交換もスムーズに行う事が出来るでしょう。

ただし、先端部以外の付属品がないので、その他のアクセサリーなどを一緒に購入する事も念頭に置いておきましょう。

品番

GDX18V-EC6

定価

62,000円(税別)

能力

普通ボルト:M6-M14

高力ボルト:M6-M12

最大締め付けトルク

170N・m

回転数

(min-1)

[回転/分]

打撃数

(min-1)

[回/分]

0~1,300/2,000/2,800

0~1,100/2,600/3,200

機体寸法(mm)

(H)240×(W)139

質量(kg)

1.6(バッテリー含)

標準付属品

なし

まとめ

今回は初心者向けとプロ向けにわけて、インパクトドライバーを紹介してきました。

やはり強いのはマキタの製品ですね。流石は最先端の工業用具企業と言えるのかもしれません。

その他のメーカーのものも信頼出来、品ぞろえに関しては問題は出てこないでしょう。

しかし、何に使うか、どのようなものが欲しいかによって選び方、選ぶべき商品は変わってきますので、どのような用途で使いたいのかをしっかり確認し、購入するようにしましょう。

カテゴリーの最新記事

LINE査定 このジャンルの買取相場