0120-668-446
エコツールのコラム集
COLUMN
2020.07.23

【プロが選ぶ!】工具セットおすすめランキング!

DIYをやっている方は勿論、大工のお仕事に就いている人からすると、沢山の道具を持っているのは基本中の基本ですよね。

しかし、大工仕事、建設仕事、DIYに慣れている人ならばどうという事はありませんが、そうではない方の場合となると、どの道具を取り揃えればいいのかわかりませんよね。

大工仕事にしてもDIYにしても、道具や工具を使わなければ何もできないのですが、その工具はどれを使うべきなのか、同揃えていけばいいのか等、初心者の方には分からないことだらけですよね。

そんな時に役立つのが工具セットという存在であり、これがあれば工具を買う時に困らないのですけれども、そもそも工具セットってどういうものなのか、どう選べばいいのか分からないという方も多い事でしょう。

そこで今回は、工具セットの解説、選び方等について、整備用工具中心にお話していこうと思います。

そもそも工具セットって何?

工具セットと一口に言っても、割と様々な種類があり、どれを選ぶべきなのか迷ってしまいますよね。

種類があるという事は、選び方を間違えてしまうと購入した後に失敗していた事に気が付くなんていう事態に繋がってしまうという事。そんな失敗をしないために、何を基準にして選んでいくべきなのか、見るべき点はどこなのか等は勿論、工具セットの基礎知識について解説していきましょう。

工具セットって何?

そもそも工具セットとは何かといいますと、ペンチ、ニッパー、レンチ、ドライバー等の様々な工具が一つのケースに収納されている物の事を指します。

様々な工具をケースに入れられるという事で、持ち運びに便利であり、どんな場面にも持っていく事が出来ます。勿論その中には家庭で使う事のあるツールも入っているので、一家に一箱持っておくと安心できるものだったりもします。

普段DIYをしないという人の家にも、工具セットはあるなんて事があったりするかもしれませんね。そのくらいに、工具セットは比較的ポピュラーな存在なのです。

工具セットはどんな職種の人やどんな時に使うの?

では、工具セットはどのような職種の人が、どのような場面で使うものなのでしょうか?

それはかなり多岐に渡っていますが、代表的な職は車の整備ですね。

特に自転車やバイクといった二輪車の整備で使う事が多い傾向にあり、一般的な車などの乗用車、四輪車となるともっと大規模な設備や道具が必要になりますから、基本的には二輪車の整備のために用意しているという場合がほとんどです。

その他には電気設備の方が使う場合もありますが、電気設備となると専用の施工のためのものとなるので、それ専用の資格を持った方が使えるようなものとなります。なので一般的ではないですね。

ここから紹介していくのは、そんなあまりに専門的な用途に使うようなものではなく、一般家庭からプロの方まで使って行けるような、汎用的な工具セットとなります。工具セットが一般的にどういったものなのか、よく見て行ってみましょう。

工具セットには何が入っているの?

一般的に工具セットの中には何が入っているのでしょうか。

その中身は非常に様々であり、種類によって異なるとしか言いようがありません。

しかし、割と代表的な工具セットを取り扱っているニッシンダイレクトの、一般工具セットには以下のような工具が取り揃えられています。

  • ウォーターポンププライ ヤー…250mm
  • プライヤー…200mm
  • ペンチ…180mm
  • ニッパー…150mm
  • ラジオペンチ…150mm
  • 鋼板切りはさみ
  • スチールワイヤーブラシ
  • 真鍮ワイヤーブラシ
  • モンキーレンチ…300mm
  • (+)貫通ドライバー…#1×75・#2×100・#3×150mm
  • (-) 貫通ドライバー…5×75・6×100・8×150mm
  • HexKeyレンチ…1.5・2・2.5・3・4・5・6・8・10
  • センターポンチ…120mm
  • チゼル…180×165mm
  • ボールピンハンマー…450g
  • ロッキングプライヤー…250mm
  • ロングノーズロッキングプライヤー…180mm
  • ハンディーソー

http://www.nissindirect.com/kouguset/ea5.htmlより引用

このように、基本的な工具、特にドライバーやモンキーレンチ、真鍮ワイヤーブラシは勿論、ペンチやニッパーといったDIYでも大活躍してくれる工具も取り揃えられていますね。

更にものによっては半田や半田ごてといった工具が入っている場合もあります。

どの工具セットにどんな工具がセット詰めされているかは、その工具セットが何の用途に使われるものなのかによって大きく変わるので、工具セットの中身を見るよりも、その工具セットが何用のものなのかを確認するといいですよ。

工具セットは大きさによって何が違うの?

工具セットの一覧を見たりすると、ものによってそれ自体の大きさが異なっているとわかるでしょう。

工具セットの大きさによる違いや種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

それぞれ確認してみましょう。

名前

特徴

ツールケースタイプ

持ち運びに便利な収納ケースに入った工具のセット。基本的な道具が揃っている。

コンパクトタイプ

作業に必要な工具をなるべく小さくまとめた道具セット。小さい道具が揃っており、多くの場所で使用される。

両開きタイプ

上面が左右に開く仕組みのツールボックス。上段、中段、下段に分かれているものが多く、使い勝手が良い。

チェストタイプ

引き出し式の工具セット。多種多様な道具が引き出しの中に仕舞われており、持ち運びしやすい。

ワゴンタイプ

ワゴンのように車輪がついている大規模なタイプ。非常に多くの工具を収納できるが、その分非常に大きい。

【初心者必見!】工具セットの人気メーカーランキング!

ここまで工具セットの特徴などを紹介してきましたが、工具セットを取り扱っているメーカーにはどのような違いや特徴があるのでしょうか。

実のところ、メーカーによって取り扱われている、もしくは販売されている工具セットの内容物や形状、機能が大きく変わると言っても過言ではなく、工具セットを買う前にはメーカーをまず見るという方法も必要だったりします。

ここからは、工具セットを作っているメーカーの中でも特に有名で人気の高いメーカーを、ランキング形式で紹介していきましょう。

1位 KTC

1位はKTCです。京都機械工具株式会社を前身とするKTCでは、実に様々な工具が販売されておりますが、勿論その中には工具セットもあります。

その品質は折り紙付きであり、建設現場や工事現場のお仕事となりますと、必ずと言っていいほどKTCの製品を目にしているでしょう。それくらいにまで、KTCは工具販売企業の中では人気のある存在となっています。

更にKTCでは、工具が工具セットとして販売されているケースも多々あるため、KTCで工具セットを購入すれば、揃えるのに困らないと思ってもいいかもしれませんね。

2位 TONE

第2位はTONE株式会社。1938年にプロ向け高級作業工具メーカーとして創立されたこの企業は、高級作業工具メーカーの名に恥じぬ、高性能で高価格な商品を取り扱っています。

非常に丈夫に出来ている上に、高品質を守っているアイテムばかりなので、大手自動車メーカーの整備工場は勿論、モーターショーに出場するスポーツカーなどの整備に採用されています。

整備工場に採用されるという事は、それだけの信頼が出来るという事なので、お金に余裕がある場合は、TONEの工具セットに手を伸ばしてみるのも考えてみていいでしょう。

3位 SK11

第3位はSK11ですが、SK11というのはブランドの名前であり、取り扱っている企業は藤原産業株式会社と言います。

藤原産業株式会社の持っているブランドは複数あるのですが、SK11は藤原産業のスタンダードな工具セットを取り扱っているブランドであり、藤原産業で工具セットを買いたいと思った時には、基本的にSK11を選べばよいでしょう。

藤原産業は独自の工具や道具は勿論、その他の企業の道具や工具の販売も積極的に行っており、工具セットもしっかり揃っています。

独自の要素として北海道地区限定商品、東北地区限定商品、中部地区限定商品といった特定の地域や県でのみ買う事の出来る商品なども存在していますね。

4位 ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)

第4位はアストロプロダクツ。

工具、DIY用品の専門店と謳ってるだけあって、沢山の工具が揃っておりますが、元々は車の整備用品を揃えているお店であったので、ツールセットが主力製品となっています。

ツールセットはドライバやレンチといった基本道具がこれでもかと揃っているのですが、ネジ穴やボルトの大きさまでもが非常に多く揃っているので、アストロプロダクツの出しているツールセットを買えば、基本的に多くの事に利用できるようになっています。

DIYに使うのもいいですが、揃っている道具は自動車や自転車に使える整備用品が多い傾向にあるので、日頃から自動車や自転車の整備をやる必要のある家庭や会社の方は、迷ったらアストロプロダクツの工具セットを買うようにしてみると困らないでしょう。

5位 LOBTEX(ロブテックス)

最後はロブテックス。モンキーレンチを始めとしたハンドルツールは勿論、その他多くの工具を取り扱っている、なんと誕生130年の老舗企業。

出されている工具の中には海老の姿が刻印された商品がありますが、工事現場、建設現場にいる方は、道具の中にその姿を確認したという経験があるかもしれません。その海老の印こそが、このロブテックスの商標なのです。

一番最初にはモンキーレンチを作っていたというだけあって、そういったハンドルツールを生産するのに長けており、揃えられている工具セットにはどんな作業にも使えるハンドルツールがぎっしりと詰め込まれています。

勿論その他の工具も取り揃えられていますが、モンキーレンチ、ドライバー、ペンチやニッパーと言ったハンドルツールと呼ばれる工具が欲しいならば、ロブテックスをチェックしてみると良いでしょう。

【プロが選ぶ!】容量別 工具セットランキング!

ここまでは工具セットを取り扱っているメーカーについて紹介してきましたが、では、選ぶべき工具セットはどのようなものを選ぶべきなのでしょうか。

先程、工具セットの種類について紹介しましたが、その種類に合わせて、おすすめの工具セットをランキング形式で紹介していこうと思います。これから工具セットを買いたいという方は、要チェックですよ!

ワゴンタイプ1位 KTC SK3680RXBK

品番名

SK3680RXBK

価格

168,000円

重量

68.0kg

内容

9.5sq.ソケット(六角)

9.5sq.ディープソケット(六角)

9.5sq.クイックスピンナ

9.5sq.エクステンションバー

9.5sq.ユニバーサルジョイント

9.5sq.ラチェットハンドル

9.5sq.スピンナハンドル

9.5sq.ショートヘキサゴンビットソケット

めがねレンチ(45°×6°ロング)

樹脂柄スタッビドライバ(マイナス)

樹脂柄マイナスドライバ

樹脂柄スタッビドライバ(クロス)

樹脂柄クロスドライバ

ボールポイントL形ロング六角棒レンチセット(9本組)

スパナ

ボールピンハンマ

プラスチックハンマ

コンビネーションプライヤ(ソフトグリップ付)

ニッパ

ラジオペンチ

板ラチェット差替えドライバセット

モンキレンチ

ワゴンタイプの第1位はKTCから出ている『SK3680RXBK』です。

この工具セットは縦長で引き出し式で道具が収まっており、その中身もしっかりと揃っています。

ラジオペンチ、モンキーレンチは勿論、ドライバーも複数種類入っておりますし、更にはハンマーも入っているので、DIYに使えるうえ、自動車整備などに使う事も出来ます。

値段は168,000円と高価ですが、自動車整備工場等の業務用として欲しい一品でしょう。

ワゴンタイプ2位 TONE TCA312

品番名

TCA312

価格

239,300円

重量

71.9kg

内容

ソケット(6角)

ディープソケット(6角)

プラグソケット(6角・マグネット付)

ラチェットハンドル(ホールドタイプ)

エクステンションバー

首振エクステンションバー

ボールジョイント

スパナ

ロングメカニックめがねレンチ(45°×10°)

ショートめがねレンチ(45°)

ロングめがねレンチ(15°)

フレアナットレンチ

モンキレンチ(目盛付)

コンビネーションスリムプライヤ

強力ニッパ

パワーグリップドライバー(貫通)

パワーグリップドライバー(貫通)

パワーグリップスタビードライバー

パワーグリップスタビードライバー

割柄ドライバー

ブラックシャフトハンマー

ブレーキシューツール

平タガネ

センターポンチ

ステンレススクレーパー

ロングボールポイントL形レンチセット

ローラーキャビネット

第2位はTONEから出ている『TCA312』。

こちらは7段の引き出し式で工具が収納されており、どれをどこに仕舞えるようになっているのかがわかるようになっているので、工具の紛失を防ぐことが出来ます。

入っている工具もソケット、割柄ドライバー等、自転車や自動車の整備に使えるものが揃っているので、自転車の整備をしたいとき、自動車の整備ができる環境が欲しいときにはもってこいの工具セットでしょう。

ただし、お値段は239,300円と非常に高価なので、事実上業務用と言えるでしょう。

ワゴンタイプ3位 TONE TCA910

品番名

TCA910

価格

278,700円

重量

74.9kg

内容

ソケット(6角)

ソケット(12角)

プラグソケット(6角・マグネット付)

ラチェットハンドル(ホールドタイプ)

ラチェットハンドル(ホールドタイプ)

スピンナハンドル

スピンナハンドル

エクステンションバー

エクステンションバー

ボールジョイント

ソケットアダプター

スパナ

ロングめがねレンチ(45゜)

ショートめがねレンチ(45゜)

コンビネーションスパナ

フレアナットレンチ

パワーグリップドライバー(貫通)

パワーグリップドライバー(貫通)

パワーグリップスタビードライバー

PGSD-M2パワーグリップスタビードライバー

割柄ドライバー

長軸ドライバー

ボックスドライバー(ディープタイプ)

クロスレンチ

331MT形レンチ(ショートハンドル)

モンキレンチ(目盛付)

コンビネーションプライヤ

CP-200SGセーフティプライヤ

スナップリングプライヤ(穴用)

スナップリングプライヤ(軸用)

ペンチ

ラジオペンチ

強力ニッパ

ブラックシャフトハンマー

オイルフィルターレンチ

ブレーキシューツール

クリップハンドル

第3位はTONEの『TCA910』です。

この工具セットは3つの中で最も高価であり、278,700円もしますけれども、非常にたくさんの工具が揃っております。

そのバリエーションに含まれる工具の数々は、自動車整備をするのに最適。自動車整備工場は勿論、スポーツカーの整備にも活躍してくれます。工具セットの値段から考えて、完全に業務用として考えて良いでしょう。

【プロが選ぶ!】道具箱タイプ 工具セットランキング!


1位道具箱タイプ KTC 工具セット(チェストタイプ)9.5sq.SK3650EZ

品番名

SK3650EZ

価格

124,000円

重量

21kg

内容

9.5sq.ソケット(六角)

9.5sq.ディープソケット(六角)

9.5sq.ショートヘキサゴンビットソケット

9.5sq.ラチェットハンドル

9.5sq.スピンナハンドル

9.5sq.クイックスピンナ

9.5sq.エクステンションバー

9.5sq.ユニバーサルジョイント

めがねレンチ(45°×6°ロング)

コンビネーションレンチ

樹脂柄マイナスドライバ

樹脂柄クロスドライバ

樹脂柄スタッビドライバ(マイナス)

樹脂柄スタッビドライバ(クロス)

板ラチェット差替えドライバセット

コンビネーションプライヤ(ソフトグリップ付)

ラジオペンチ

ニッパ

コンビハンマ

ボールポイントL形ロング

六角棒レンチセット(9本組)

マグネット付パーツトレイ

トレイ(3枚)

よくある道具箱タイプで第1位になったのは、KTCから出ているチェストタイプの『9.5sq.SK3650EZ』。

こちらは先程紹介したワゴンタイプのような大きなものではなく、手で持って運べるくらいの大きさと重さとなっています。

しかしそれでも入っているツールは自転車の整備くらいには使う事が出来、DIYでは問題なく使っていけるようになっています。

自動車の整備となると流石に無理ですが、自転車を直したい、もしくはDIYで使える工具セットが欲しいと思ったならば、こちらの商品を選んでみましょう。

2位道具箱タイプ トネ(TONE) ツールセット THC3690 差込角9.5mm(3/8″)

品番名

THC3690

価格

31,645円

重量

15kg

内容

ソケット(6角)08/10/12/13/14/17/19/21/24

ディープソケット(6角)8L/10L/12L/14L

ラチェットハンドル(ホールドタイプ)MRH30

T形スライドハンドルSL30

ポールジョイントBJ30

エクステンションバー305(70mm)/306(150mm)

クイックアダプターQA-03

コンビネーションスパナ8/10/12/13/14/17/19

プライヤ200

ラジオペンチ150

ニッパ150

モンキレンチ(目盛付)250

ドライバー(貫通)プラスKPD-1/KPD-2

マイナスKMD-075/KMD-100

スタビードライバープラスSD-P/マイナスSD-M

ロングポールポイントL形レンチセット(9本組)BPLT-90(APL-1.5/02/2.5/03/04/05/06/08/10)

ビットラチェットセットBRS20

ツールチェスト

第2位はトネ(TONE)から出ている『THC3690』。

特徴的なのは全ての段に、全部の工具専用の穴が開いている事であり、取り出した後にここへ道具を入れれば、どこにいってしまったのかわからなくなるような事はなくなります。

入っている工具もDIYで大活躍中のものばかりなので、DIYに持って来いと言えるでしょう。そして何より、紛失防止が出来るようになっているのが大きいですね、やっぱり。

3位道具箱タイプ SK11 整備工具セット 133点組 レッド SST-16133RE

品番名

SST-16133RE

価格

37,482円

重量

21kg

内容

9.5sqソケット

9.5sqディープソケット

9.5sqヘックスビットソケット

9.5sqヘックスローブソケット

9.5sqビットアダプターソケット

9.5sq.2WAYエクステンションバー

9.5sqユニバーサルジョイント

9.5sqコンパクトヘッドラチェットハンドル

9.5sqスピンナーハンドル

9.5sqスライドヘッドハンドル

9.5sqラチェットスピンナー

メガネレンチ

フレックスラチェットレンチ

メガネレンチアダプター

貫通ドライバー

スタビードライバー

ビットドライバーハンドル

ボールポイント六角棒レンチセット

モンキレンチ

ラジオペンチ

強力ニッパ

コンビネーションプライヤー

ハンディリムーバー

3段引出しツールチェスト

25mmビット 49本組

ポジネジ用

マイナス(-3・-4・-5・-6mm)

スクエア(SQ2、SQ3)

6.35sqソケットアダプタービット

ビットホルダー

25mmビット 49本組(ヘックス(2・2.5・3・4・5・6・8mm)

ヘックス(3/32・1/8・5/32・3/16・1/4・5/16)

ヘックスローブ(T6・T8・T10・T15・T20・T25・T27・T30・T40)

ペンタローブ(10PR・15PR・20PR・25PR・27PR・30PR・40PR)

トリプルスクエア(M4・M5・M6・M8)、トライアングル)

第3位はSK11の『整備工具セット 133点組 レッド SST-16133RE』。

こちらは手持ち出来るくらいの道具箱サイズであるにもかかわらず、非常に多くの工具が入っており、何とその数は合計で133点。これくらいあれば、自転車の整備どころか、自動車の整備さえもしてしまう事が出来ます。

自動車整備となるとワゴンタイプの大型工具セットが必要になりがちなのですが、こちらは手持ちサイズでワゴンタイプ並みの作業を可能にしてくれる商品となっています。

【プロが選ぶ!】コンパクトタイプ 工具セットランキング!

1位コンパクトタイプ E-Value ホームツールセット60点組 ETS-60H

品番名

ETS-60H

価格

5,780円

重量

4.12 kg

内容

9.5mm差込角ソケット(10・12・13・14・15・17・19mm)

ソケットアダプター凹9.5mm×6.35mm

ラチェットハンドル・モンキレンチ200mm

6.35mm差込角ソケット(4・5・6・7・8・9・10・11・12mm)

ドライバー(+1×75・+2×100・+2×38・-6×100mm)

ビットドライバーハンド

25mmビット11pcs

6.35mm差込角ソケットアダプタービット

精密ドライバー(+00・+0・-1.8)。

六角棒レンチ(1.5・2・2.5・3・4・5・5.5・6mm)

ウォーターポンププライヤー235mm

ニッパ150mm

電工ペンチ

圧着端子セット

ネールハンマー

コンベックス3m

金切りのこ

ナイロン&真鍮ブラシ

細工用ヤスリ

そんなに沢山工具が要らず、出来ればコンパクトなものが欲しい場合のおすすめ第1位は、E-Valueから出ている『ホームツールセット60点組 ETS-60H』。

大きさはとても小さい方に入っているのに、ドライバーやペンチは勿論、ハンマーからノコギリまで入っており、まさしくDIYをするのにうってつけなラインナップになっています。

デザインもかなり良いので、カッコいい工具セットが欲しいと思ったならば、こちらを選ぶと良いでしょう。

2位コンパクトタイプ KNIPEX 工具キット 00 21 21 HK S

品番名

00 21 21 HK S

価格

128,525円

重量

9.6kg

内容

スパナ

ソケット

チゼル

ドライバ

ナイフ

ニッパー

ハンマー

プライヤ

ラチェット

レンチ

六角レンチ

第2位はKNIPEXから出ている『工具キット 00 21 21 HK S』。

こちらは配管を修繕したり修理したりする際に使う事を想定した工具ラインナップとなっており、配管工事に役立つツールが詰め込まれています。

配管工事をする必要のある場合、もしくは配管工事会社が業務用として購入しておくには、十分すぎる一品です。

3位コンパクトタイプ Blue-Point 100pcsツールセット BLPGSSC100B

品番名

BLPGSSC100B

価格

81,374円

重量

23.4 kg

内容

10 フラクショナル (3/16″ to 9/16″)/13 メートル (4mm to 14mm) スタンダード ソケット

5 ラチェット/ソケット アクセサリー

1 ラチェット

13 フラクショナル (1/4″ to 1″)/19 メートル (6mm to 24mm) スタンダード ソケット

11 External トルクス ソケット (E4 to E20)

2 スパークプラグ ソケット (5/8″, 13/16″)

5 ラチェット/ソケット アクセサリー

1 ラチェット

1 スピナー ハンドル

9 フラクショナル コンビネーション レンチes (1/4″ to 3/4″)

10 メートル コンビネーション レンチes (10mm to 19mm)

第3位はBlue-Pointから出ている『100pcsツールセット BLPGSSC100B』。

100pcsの名の通り、100点の工具を取り揃えており、特にずらりと並んでいるラチェットとソケットの多さが目に引きます。

それらを使う必要のある作業をする際に役立ってくれること間違いなしのラインナップとなっています。

【プロが選ぶ!】安さ、コスパで選ぶ工具セットランキング!

1位 SK11 工具セットSST-19117BK

品番名

SST-19117BK

価格

43,455円

重量

23.4 kg

内容

12.7sqソケット(10・12・13・14・17・19・21・22・24・27・30・32mm)

12.7sq2WAYエクステンションバー(75・150mm)

12.7sqユニバーサルジョイント

12.7sqコンパクトヘッドラチェットハンドル245mm

12.7sqスピンナーハンドル380mm

6.35sqソケット(5・5.5・6・7・8・10・12・13・14mm)

6.35sqユニバーサルジョイント

6.35sq2WAYエクステンションバー75mm

6.35sqビットアダプターソケット

6.35sqコンパクトラチェットハンドル145mm

メガネレンチ(8X10・10X12・11X13・12X14・14X17・17X19・19X21・22X24mm)

フレックスラチェットレンチ(8・10・12・13・14・17・19mm)

メガネレンチアダプタービット用

貫通ドライバー(+1X80・+2X100・+3X150・-5.5X100・-6.5X125・-8X150mm)

スタビードライバー(+2X25mm・-6X25mm)

ビットドライバーハンドル

25mmビット49本組

ボールポイント六角棒レンチセット(1.5・2・2.5・3・4・5・6・8・10mm)

モンキレンチ250mm

ラジオペンチ150mm

強力ニッパ180mm

コンビネーションプライヤー200mm

3段引出しツールチェスト

工具セットが欲しいけれど高いのはちょっと……という方に向けて、コスパの良い工具セットとして紹介するランキングの第1位は、SK11の『工具セットSST-19117BK』。

こちらは各種メンテナンス等に使う事の出来る基本的な工具を取りそろえた工具セットとなっており、DIYから自転車整備、その他メンテナンスまで、幅広く対応する事が出来ます。

一般的に使う道具ばかり入っているので、DIYをする予定があるならば、こちらを購入しておくと安心です。

2位 ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ) 工具セット TS179

品番名

TS179

価格

18,480円

重量

11.8Kg

内容

3/8DR ラチェットハンドル

1/4DR ラチェットハンドル

3/8DR スピンナーハンドル

3/8DR エクステンションバー125mm

3/8DR エクステンションバー75mm

1/4DR エクステンションバー75mm

3/8DR ユニバーサルジョイント

1/4DR ユニバーサルジョイント

3/8DR 6PT ソケット

1/4DR 6PT ソケット

3/8DR プラグソケット

コンビネーションレンチ

1/4DR スクエアドライバー

1/4DR 1/4ビット変換アダプター

1/4 プラスビット

1/4 マイナスビット

1/4 ヘックスビット

1/4 ヘックスローブビット

L型ヘックスレンチ

プラスドライバー

マイナスドライバー

ロングノーズプライヤー

スリップジョイントプライヤー

ニッパー

ウォーターポンププライヤー

モンキーレンチ

ボールピンハンマー

第2位はASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)から出ている『工具セット TS179』。

こちらは日常的なメンテナンス作業に必要になる工具が揃えられている工具セットであり、自動車のメンテナンスは勿論の事、家具の組み立てなどにも対応する事が出来ます。

しかも道具ごとにどこに仕舞うのかがわかるようになっているので、工具セットの中がごちゃごちゃになってしまうのを防ぐことが出来ます。

それだけ様々な事が出来るのに、2万円を切っているお値段なので、手を伸ばしやすいのですから素晴らしいです。

3位 イーバリュー(E-Value)工具セット EST-1682RE

品番名

EST-1682RE

価格

9,045円

重量

10.2Kg

内容

82pcs・ツールチェスト

6.35mm差込角:ソケット(4・5・5.5・6・7・8・9・10・11・12・13)mm

9.5mm差込角:ソケット(10・11・12・13・14・15・17・19・21・22・24)mm

9.5mm差込角:ディープソケット(8・10・12・13・14・17・19)mm

9.5mm差込角:ラチェットハンドル・スライドヘッドハンドル・エクステンションバー(75・150)mm

9.5mm差込角:ユニバーサルジョイント・ビットアダプター・ソケットアダプター凹9.5mm×凸6.35mm・コンビネーションレンチ(8・10・12・13・14・17)mm・ドライバー(+1×75・+2×100・+3×150・-5×75・-6×100)mm

ビットドライバー25mmビット(六角対辺6.35mm)クロスビット(0・1・2・3)

マイナスビット(4・5.5・7)

ヘックスローブビット(10・15・20・25・27・30・40)

ヘックスビット(2.5・3・4・5・6)

6.35mm差込角ソケット用アダプター

六角棒レンチセット(1.5・2・2.5・3・4・5・5.5・6)mm

ニッパ150mm

ラジオペンチ150mm

コンビネーションプライヤー200mm

モンキレンチ200mm

マグネットトレイ110mm

第3位はイーバリューの『工具セット EST-1682RE』。

各種メンテナンス作業、DIYに使用できるツールが一通り+α揃っているのですが、それで置いてお値段はなんと1万円以下。

他の工具セットと比べると工具揃えに若干の不安がありますが、それでも最低限の工具は手に入りますし、何より他の工具セットと比べるととても安い。

リーズナブルな価格で工具セットが欲しいという場合、この商品を選ぶのが一番いいでしょう!

まとめ

ここまで紹介してきたように、工具セットにもさまざまな種類が存在しているうえ、業務用と家庭用が混ざって陳列されているような状態になっている事も多いです。

中身や値段をよく確認しないと、業務用に欲しいのに家庭用のを買ってしまったとか、家庭で使うはずが業務用を買ってしまったなんてトラブルが起きてしまいかねないので、よく確認してから、購入するようにしましょうね。

店頭で購入したい方はこちら

WEBで購入したい方はこちら

買取相場はこちら

カテゴリーの最新記事

LINE査定 このジャンルの買取相場