0120-668-446
エコツールのコラム集
COLUMN

豊田市の工具の買取はエコツールにお任せください!

豊田市と言えば、トヨタ自動車の本拠地とも呼ばれ、人々の交流がものすごく盛んです。

 

豊田市は車産業が非常に盛んであるため、車に関するお店が沢山あり、何よりトヨタ自動車の本社があるので、車に困った時にはすぐさま相談に行けるところが沢山あります。そのため、比較的住みやすい街という声も上がるくらいです。

 

そういった特徴のある住みやすい街、豊田市にお住いの方にお聞きいたします。

 

持っているけれど今は使ってない工具、家の道具箱の中で眠ったままになっている工具などがあったりしませんか?

 

そのような工具を今後どうすれば良いか、迷っていたりしませんか?

 

今回は豊田市、その近辺にお住いの皆様のために、工具を買い取ってもらう方法、どういった工具が買い取ってもらえるかなどを、紹介していきたいと思います。

豊田市の工具を買取します!

工具は大工さんだとか製造業など、そういった製造や工事に関わっている仕事をしている人のパートナーとも言えますが、もしそういった仕事をしていない場合ですと、家にあっても邪魔なだけ、用途に困るだけですよね。

 

そういう時、使わなくなった工具は売ってしまいたいと思いませんか?

しかし、どこならば使わなくなった工具を買い取ってくれるのか、わからないという場合も多くありませんか?

 

実のところ今さっきお話した豊田市には、そういった使わなくなってしまった工具を買い取ってくれる業者やサービスがあるのです。それが弊社エコツールです!

 

眠ったままになっている工具を売り出せば、高く買い取ってもらえるかもしれませんし、そのお金で新しい工具に交換したりだとか、他に欲しいものが手に入れられたりするかもしれません。

 

工具を買い換えたいという方、家業で工具を使っていたけれど、今は家業をやめてそのままになっている方は、ぜひともチェックしていってください。

 

 

どんな工具が売れるの?

さて、工具が売れるとわかったまではいいですが、果たしてどんな工具ならば買い取ってもらえるのでしょうか。

 

その答えですが、全部です。

 

もちろん、その業者やお店によって対応は変わってきますが、原則的には全種類の様々な工具を買い取ってもらうことが可能です。弊社ならば全種類の工具を買取いたします。

 

もしかしたら特別な工具だとか、電動式に限定されているとか、錆や汚れや損傷があまりにも少ないものではないと買い取ってもらえないのではないかと不安になられた方もいらっしゃったかもしれませんが、そのようなことはございません。

 

例え、種類不揃いのレンチ1本でも買い取れますし、未開封品ならば開封品よりも高く買い取れますし、もし壊れてしまって動かないものだったりしても、修理すれば使える見込みがあるものなどであれば、買い取れます。

 

なので、家に使わなくなってしまっている工具が眠っているのであれば、弊社にお持ちして、査定をいたしましょう。もしかしたら、思いもよらない高額で買い取ってもらえるかもしれませんよ。

 

ただし、上述しているとおり、未開封品であるならば中身は新品と変わらないので値段は高くなりますし、既に開封しているものとなりますと、やはり値段は下がってしまいます。

 

錆ついていたり、激しく損傷していたりすると、値段は著しく下がりますし、壊れてしまっている電動工具ですと、修理の見込みが立たない場合、買取は不可能です。

 

そのため、工具は前もって状態良く保存しておくのがポイントですね。

買取強化品

弊社エコツールには、買取強化品というものがございます。

このリストの中に掲載されている商品等は高く買い取らせていただきますので、参考にしていただけると幸いです。

 

名称 メーカー 型式 新品相場 中古相場
PANASONIC/パナソニック インパクトドライバー EZ75A1LE2F
14.4V付
パナソニック(Panasonic) EZ75A1LE2F 14.4V付 ¥8,500 ¥7,500
PANASONIC/パナソニック インパクトドライバー EZ75A1LR2F パナソニック(Panasonic) EZ75A1LR2F ¥8,500 ¥7,500
HiKOKI/ハイコーキ(旧:日立/Hitachi) インパクトドライバー
WH14DDL2(2LYPK)
日立/HiKOKI(Hitachi/HiKOKI) WH14DDL2(2LYPK) ¥23,000 ¥17,000
HiKOKI/ハイコーキ(旧:日立/Hitachi) インパクトドライバー
WH14DBEL 4.0Ah
日立/HiKOKI(Hitachi/HiKOKI) WH14DBEL 4.0Ah ¥10,000 ¥9,000
MAKITA/マキタ インパクトレンチ TW285DRGX マキタ(makita) TW285DRGX ¥30,000 ¥22,000
MAKITA/マキタ インパクトレンチ TW281DRGX マキタ(makita) TW281DRGX ¥25,000 ¥18,000
MAKITA/マキタ インパクトレンチ TW281DRTX マキタ(makita) TW281DRTX ¥17,000 ¥15,000

 

どうやって売ればいいの?

店舗で売る

使っていない工具が売れるとわかったまではよかったのですが、では、どこで工具を売れば良いのでしょうか。

 

工具を売る方法は3つありまして、そのうちの1つが店舗で売ることです。売りたい工具を持って、店舗まで足を運ぶという面倒はありますが、一番面倒な手続きがなく、手軽に買い取ってもらえるやり方です。

 

現在では専門店でなくても、リサイクルショップ等で工具の買取をしてくれますので、住んでいる街のリサイクルショップ(ハードオフ)等に持ち込んでみれば、買取をしてくれるでしょう。

 

ただし、リサイクルショップはどこにでもあって気軽に足を運ぶことはできますが、一方でリサイクルショップの店員さんは工具査定の専門家ではないので、高額買取などは行ってもらえない可能性が大きいです。

 

明らかに保存状態が良くて、新品と比べても見劣りしないくらいのものであっても、リサイクルショップに持っていったら、思いもよらない低価格での買取になってしまったなんてケースも多々あるでしょう。

 

買い取ってもらえるならば、なるべく高価格で買い取ってもらいたいのが正直なところですよね。

 

そんな時は弊社エコツールの店舗をご利用ください。

 

弊社エコツールでは、上述している工具査定の専門家がおりますので、使わなくなった工具などをお持ちいただければ、しっかりとその工具の価値を判断できます。

 

複数の工具をお持ちいただいた場合でも、1品1品しっかりと査定を行い、納得していただける買取価格を提示いたします。

 

既に多くのお客様が弊社に、使わなくなった工具をお持ちいただき、売却をおこなっておりますが、「こんな高く売れるんだ」という驚きと喜びのお声を多数いただいております。

 

使わない工具を高価買取してもらいたい、高く売りたいとお思いの場合は、リサイクルショップよりも、まずは弊社エコツールへの持ち込みを検討してみてください。使わなくなった工具を、しっかり査定して、価格を出させていただきます!

エコツール 豊田インター店

2021/9/10 OPEN!!

エコツール豊田インター店

 

名前 エコツール 豊田インター店
住所 愛知県豊田市深田町2丁目39−1
電話番号 0565-47-5002
営業時間 11:00~20:00
定休日 無し

エコツール 知立店

 

名前 エコツール 知立店
住所 愛知県知立市山町小林27-1
電話番号 0566-45-7770
営業時間 11:00~20:00
定休日 無し

 

 

エコツール 岡崎店

 

名前 エコツール 岡崎店
住所 愛知県岡崎市岩津町川畔30-1
電話番号 0566-45-7770
営業時間 11:00~20:00
定休日 無し

 

出張買取へ依頼する

使わなくなった工具を店舗に持ち込めば、すぐに現金化してもらえて便利であるというお話はしましたが、一方でわざわざ店舗にまで足を運ぶのは面倒と思われる方もいらっしゃるかもしれません。今のご時世、なるべく外出は控えたいですし、人との接触なども避けておきたいですよね。

 

仮に弊社エコツールで買取をお願いしたい場合ですと、豊田市から知立市、岡崎市まで行くことになり、かなり時間がかかってしまいます。工具を買い取ってもらいたいけれど、そんなに時間がかかるとなると、ちょっと嫌ですよね。

 

そんな時は、出張買取を依頼してみましょう。弊社エコツールの方に電話または申込みフォームからご依頼して、大体の商品点数、場所、御希望時間などをお知らせくだされば、実際にお伺いし、買い取ってもらいたい工具の査定、買取を行います。

 

出張買取ならば、店舗に足を運ぶ必要がないのはもちろんのこと、工具をしまう小屋や、玄関先等の屋外に設置されている、気軽に運び出すのは難しい大型の工具でも査定し、現金買取をし、引き取ることもできます。

 

結構な規模の工事やDIYをするために使用するような大型の工具があるけれども、使わなくなって、その後の処分に困っている場合も、弊社エコツールの出張買取に連絡をしてみてくださいね。

 

電話で今すぐ相談・依頼!出張買取の問い合わせはこちらから↓

出張買取 電話

メールでの申し込み・詳しくはこちら↓

エコツール 出張買取

 

無料での事前査定を依頼する

出張買取、もしくは店舗での買取を依頼したい時、まずは事前査定をしておきたいという場合もあるでしょう。

 

そんな時はこちら、弊社のLINE査定をご利用ください。

 

↑のURLでLINE査定ページに飛んでいただきますと、弊社のLINEを登録することができ、そちらに買い取ってもらいたい工具の画像を添付して送信していただければ、受け取った専門スタッフがその場で査定をおこない、ある程度の値段を出すことができます。

 

売りたいと思っている工具がどれくらいの値段になりそうなのか知りたい時、その工具に関してわからないことがあったりした時は、まずはこちらのLINE査定を利用してみてみるのがいいでしょう。

 

まとめ

使わなくなった工具なんて売れるの?と思いがちですが、はい、売れます。

売れる場所としては工具店、リサイクルショップなどがありますが、そういったところですと、専門的な知識を持ったスタッフがいるかどうかまちまちであるため、思ったより安く買い取られてしまう場合も多いでしょう。

しかし、弊社エコツールならば、査定専門スタッフが常駐し、工具買取の依頼があった時にはしっかりと査定いたします。

いらない工具があった時には、弊社エコツールへのご連絡をお願いいたします。

 

豊田市について

 

豊田市の特徴と歴史

 

愛知県のほぼ中央、三河地方にある豊田市は人口42万人の都市です。自動車メーカーのトヨタが本社を置く豊田市は、全国有数の自動車生産量を誇る「クルマのまち」として知られますが、自然・歴史・文化など魅力に溢れるまちでもあります。

名古屋市からは名鉄や地下鉄で1時間弱、高速道路では東名・新東名・東海環状道・伊勢湾岸道など、各地からのアクセスも便利です。

度々の市町村合併により市域は現在、豊田・藤岡・小原・下山・足助・旭・稲武の7地区に区分されています。

北部には猿投山、東部には炮烙山や六所山などがそびえ、矢作川とその支流の巴川・名倉川・足助川などが流れており、市域の約7割を森林や田園地域が占める自然豊かなまちでもあります。

豊田中心地の見晴らしの良い高台には、旧・挙母藩(ころもはん)の挙母城(七州城)の跡地に建つ豊田市美術館があり、独自の企画展や自然豊かな庭園での彫刻作品を楽しめます。

豊田地域には国内最大級の球技専用競技場で4万4000人を収容可能な豊田スタジアムがあります。Jリーグ名古屋グランパスのホームスタジアムであり、記憶に新しいラグビーワールドカップ2019開催スタジアムでもありました。猿投山のふもとには、県の無形民俗文化財に指定される「棒の手」が奉納される猿投神社もあります。

豊田市の中央に位置する足助町の飯盛山の山頂には、平安末期に足助氏によって築かれた飯盛山城があり、この飯盛山城を本城にして、足助城・臼木ヶ峯城・大観音城・城山城・
成瀬城・黍生城の7つの城を「足助七城」と呼びます。

その周辺の矢作川支流巴川が形成した香嵐渓は、カタクリの花や約4,000本の紅葉が有名で、東海随一の紅葉の名所として人気の観光スポット。足助川をはさんだ香嵐渓の対岸にはかつての宿場を思わせる町並みがあり、人気の散策コースとなっています。

北部にある小原地区には、春と秋に花を咲かせる四季桜が約10,000本植栽されています。花が見頃をむかえる11月には小原地区各所で「四季桜まつり」が行われ、紅葉と四季桜が里山を埋め尽くす幻想的な光景が人気となっています。

市の北東に位置する押山は近くまで車でいけるため、10分程度で登頂できる山ですが、秋から初冬にかけての早朝には、発生条件がそろうと壮大な雲海を見られます。いつも見られるわけではないのですが、見られた時の感動はひとしおです。

豊田市南部には徳川家のルーツである松平氏の発祥の土地、松平郷があります。松平城址や松平東照宮があり、展望テラスからは眼下に豊田市から名古屋駅周辺、遠くには伊勢湾や養老山脈まで見渡せるほどの眺望です。

巴川支流の仁王川沿いの王滝渓谷は、巨大な岩石と清流を遊歩道から眺められ、バーベキューや川遊びなどのアクティビティが家族連れに人気のスポット。四季折々の景色を楽しめる、散策やトレッキングの人気コースとなっています。

市内には旧石器時代の遺跡が480箇所以上存在し、水入遺跡や上原遺跡などではナイフ形石器や尖頭器などが出土しています。愛知県最古の縄文遺跡、酒呑(しゃちのみ)ジュリンナ遺跡からは「隆起線文土器」が出土しました。曽根遺跡などでは縄文時代中期以降の竪穴式住居もみつかっています。高橋遺跡では農耕や祭祀がさかんになった弥生時代の様子が遺跡から推測されます。そのほか、国の重要文化財に認定された装飾須恵器が出土した豊田大塚古墳は、県指定史跡となっています。

戦国時代には今川氏・織田氏・松平氏の接点となる豊田市は、絶えず戦いの場所となっていました。市の北東部にある名倉川沿いに築かれた武節城址は、長篠の戦いに敗れた武田勝頼が落ち延びたといわれのある平山城です。

江戸時代には挙母藩となり、三宅家、次に本多家、そして内藤家が挙母城主となりました。

江戸以降は綿花の栽培が盛んになり、近代には産業の中心が綿から養蚕へと移り、農家でも蚕を育てたといいます。

明治時代、綿糸のガラ紡の導入が地域の産業に大きく影響しました。南部の松平地区では巴川支流の急流と水量を利用した水車ガラ紡が導入され、さらに発達。その後電力によるガラ紡へと変わりながらも昭和30年代まで続けられました。

明治から大正にかけて養蚕で発達したまちでしたが、昭和に入ると生糸の需要が減り、養蚕業は急速に衰退しました。蚕の集散地だったことから交通網の近代化が発達していた挙母町(ころもちょう)は、豊田自動織機製作所の自動車正製造部の工場誘致に積極的に働きかけ、現・トヨタ自動車株式会社の工場が完成しました。「クルマのまち」として町の発展を遂げた挙母町(ころもちょう)は1951年に挙母市としてし町から市になり、1959年には豊田市と市名をあらためました。

豊田市では抹茶の原料の「てん茶」や「かぶせ茶」を栽培しており、猿投地区の桃は県下でも有数の生産量を誇ります。いちじくやすいか、ブルーベリーなどが栽培され、ジャンボ梨の「愛宕(あたご)」は世界一重い梨として平成23年11月にギネスブックに登録され、贈答品として人気を集めています。

カテゴリーの最新記事

LINE査定 このジャンルの買取相場